明日葉青汁の効果

明日葉青汁の効果

明日葉とは

明日葉とは「今日の夕方葉っぱを取っても、明日の朝には新しい葉っぱが生えている」というくらいに次々と葉っぱが生えてくることから名付けられた名前です。実際には葉っぱを取ってから4日ほどで新しい葉っぱが生えてくると言われています。カリウムや食物繊維、カリウム、カルシウムなどを豊富に含んでいます。またビタミンB12以外のすべてのビタミンBを含んでいて、特にビタミンB2が多く含まれています。
明日葉にはカルコンというポリフェノールの一種であるフラボノイドが含まれています。カルコンは非常に強力な抗酸化作用を持っています。さらにメタボリックシンドロームを防ぐ効果があるホルモンのアディポネクチンの分泌を盛んにするという働きや血液をサラサラにしたりむくみ解消、血栓予防効果や老廃物の排出を促すと言われています。
そのため、ダイエットや脳梗塞や脳溢血、心筋梗塞や高血圧など、多くの病気の改善に役立つ野菜だと言われています。
明日葉は主にサプリメントとして販売されていますが、スーパーなどでも時折見かけられるようになりました。独特の苦みがありますが、おひたしやてんぷら、肉や魚と一緒に加熱調理すると食べやすくなると言われています。

明日葉の効果とは

セリカの植物である明日葉は、若葉の部分を積んでも、翌日には既に成長しています。具体的には、4日から5日ほどはかかるものの、それでも成長はスムーズなもので、生命力が強い植物です。ですから不老長寿の妙薬として、昔から用いられてきました。日本を原産としている、カテゴリーは野菜になります。食用となっているのは、葉っぱの部分と茎の部分です。ほのかな苦味が特徴的で、天ぷらや鍋物、おひたしなどに使われます。明日葉にビタミンCや-カロテン、ビタミンB群やビタミンEもうふくまれます。ほかにも、鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富ですし、食物繊維やカルコンやクマリンなども含まれます。そういった有効成分が豊富であるために、健康にもいくつもの効果を発揮します。肥満は病気の大本となりやすいですが、カルコンの摂取によって血中コレステロールの減少になります。β-カロテンとかカルコンを含むので、強い抗酸化作用をもたらして、血液に存在する脂肪の酸化を防いでくれて、血管を若々しく保ちます。これが動脈硬化を予防する効果となります。高血圧とか、糖尿病などを予防することにもなります。健康でいるためには免疫力も大事ですが、そんな免疫力も向上させます。

青汁選び

青汁といっても本当にいろいろあります。
私もいろいろ飲んできました。
どれが良いのかは人それぞれだとは思います。
ですので様々な青汁を比較して選ぶと良いと思います。
そこでこちらの青汁比較ランキングを参考にしてみてください。

更新履歴